看護師求人

派遣の看護師をしているシングルマザー

私は町の小さな医院に勤めています。
家からも近く最初はパートで務め始め、離婚し子供二人を扶養している私でも社会保険をかけてくれたり、学校の行事でも有給休暇をつかうなど正社員同様に雇用してくれました。

 

医院自体にはこんなものかなぁという感じで不満も特にありません。

 

スタッフ総数8人ドクター以外は全員女性です。普段は仲が良い方だと思います。

 

ただ人数が少ないことと全員女性ということで、何と無くギクシャクする時があるんです。

 

仕事に勝ち負けとかはないと思うのですが、一人で全部やらないと気が済まないという人がいます。

 

その人は務めが一番長い看護師です。

 

その人がいくつも仕事を抱えていて、私が手伝おうとするとむきになり自分がするから手をださないでと言われてしまいます。

 

でも患者さんを待たせるよりはよっぽどいいと思うんです。

 

私に信用がないのか単に負けずぎらいなのかわかりませんが、他の若い看護師にも同じ態度です。

 

同じ仕事をしていて、自分は手が空いているのにケアできないのは看護師として、やりがいに欠ける気がします。

 

自分が求めている看護は大きな病院じゃないと実践できないのかなと思っています。

 

人数も多ければ一人一人とベッタリ組むこともないし、業務もスムーズだと思います。

定時ギリギリに急変や入院があると凹みますね・・・

病棟勤務は、外来に比べてハード勤務だし、残業も多いですよね(´・Д・)」

 

病棟の業務は、本当に大変です。

 

絶対にスタッフが足りてないよね?って思いますが、スタッフの定数は増やしてくれないし、残業は減らせって言われるし…( ;´Д`)

 

業務の改善が出来るわけでもないし…(;´Д`A

 

せめて、補助看でもいてくれたら、雑務が減るんですけどね。

 

最近じゃ、介護士やヘルパーの人数を増やして、看護師が専門的な仕事に専念出来る病院も増えていますよね(´・Д・)」

 

うちの病院も少しは、そういったことを取り入れてくれたらいいのに…( ;´Д`)

 

とにかく、朝一のみんなの目標は、「今日こそ定時で帰るぞ??」
ですね。

 

夕方近くになり、
おっ!今日はいい感じ?
もしかして早く帰れるかも?(*^^*)

 

なんて期待していれば、急変だの緊急入院だのって…( ;´Д`)

 

あ?今日もやっぱり残業かぁ?(T ^ T)

 

日勤帯での急変や、緊急入院は夜勤帯に残して帰るわけにはいきません。
たとえ、日勤帯の終わり時間ギリギリであってもでもです(´・Д・)」

 

急変からのステルベンであれば、エンゼルケアや霊安室への移動、お見送りなど行ってから帰らなければなりません。

 

早く帰れるかも?なんて期待が、一転ひどい残業になってしまうわけです( ;´Д`)

 

普段でも19時や20時近くなる帰宅時間が、21時や22時とかなり遅い帰宅です。

 

そうなると、翌日も日勤だったりすると、家事もままならず、とにかく寝ておかなくちゃ!って感じですよね( ;´Д`)

 

だからそんな日は、凹み方も普段以上ですね…>_<…

 

こんな職場だから、家庭を持つと退職希望ばかり出て、スタッフ不足に拍車をかけるんです。

 

残業減らせって、簡単に上司は言うけど、だったらこの環境をなんとかしましょうよ??(T ^ T)

患者さんの急変や急死を受け入れてくれる家族と、訴訟だと大騒ぎする家族・・・。今の医療現場の状況では全ての患者さんを100%把握するのは難しいですね。

病院には沢山の患者さんが入院していますが、患者さんやそのご家族の中には、病院に入院して治療を受ければ、
病気が必ず治る、助かると思っている方が沢山います。
もちろん、病院では、患者さんの命を助ける為に、出来る限りの治療をしています。
でも、医療が進んだ現在でも、全ての病気を治す事ができるわけではないんです。
出来る事には限界があります。
人間には寿命がありますから、その寿命はいつか尽きるんです。

 

でも、そのような事を理解できない患者さんや家族は、急変や急死をした事で、訴訟だと言って大騒ぎするんです。
冷静になって考えてみてほしいと思うんですが、もし医療を受けていなかったとしたら、
生きている事など不可能な状態だったんです。
私達医療者は、急変や急死のリスクが高いような場合には、その事を患者さんにも家族にもしかりと説明して、
納得してもらっています。
それにも関わらず、実際にそのような状況になった時に、納得できないと言って騒ぐんです。
ちゃんと見てくれなかったのでは?現場に落ち度はなかったのか?と、不満に思っている事を言ってくるんです。

 

私達は、患者さんの急変や急死を防ぐ為に、24時間付き添っているわけにもいかないんです。
もし、そのような看護ができたとしても、急変や急死を防ぐ事などはできないんです。
私達は毎日忙しい業務に追われて、鳴り止まないナースコールに対応して、一日中走り回っています。
そのような状況の中で、患者さんの異常に早期に発見出来るように、観察してケアをしています。
患者さんの事を100%把握するのはとても難しいんです。
私達のそのような状況も、少しは理解して欲しい、というのが正直な気持ちです。

 

急死や急変をしっかりと受け入れてくれる家族は、本当にありがたいと思ってしまいます。